奇跡のラーメン店は、どのように誕生したか。【永福町 大勝軒】 – 旭屋出版
9784751107973

奇跡のラーメン店は、どのように誕生したか。【永福町 大勝軒】著者:永福町 大勝軒 草村賢治

開業して今年で53年。23坪・23席で、一日100万円を売り、初任給手取り60万円のラーメン店の店主・草村賢治さんの商売の考え方、困難への立ち向かい方、生き方とは。

判型:四六判
ページ数:182ページ
発行日:2008/12/01
ISBN-13:9784751107973
定価:本体 1500円+税

購入する

店頭の在庫を調べたり、
ネット書店でご注文いただけます

開業して今年で53年。23坪・23席で、一日100万円を売り、初任給手取り60万円のラーメン店の店主・草村賢治さんの商売の考え方、困難への立ち向かい方、生き方とは。

23坪・23席で、商品は「中華麺」と「チャーシュー麺」のみ。
たった一軒の店ながら
店内売りで1日60万円、お土産ラーメンで1日40万円を売っているのが
東京・永福町の「大勝軒」だ。

今年で創業53年。
いまでこそ、行列が当たり前のようにできる店だが、
開業して10年間は赤字だったという。

80歳になっても毎日必ず店に立つ店主の草村賢治さんは
どのように商売に取り組み、店を成長させ、困難にどう立ち向かってきたか。

その強い生き方、働き方は、厳しい時代の今こそ、
私たちに元気を与えてくれるでしょう。

奇跡のラーメン店は、どのように誕生したか。【永福町 大勝軒】

永福町 大勝軒 草村賢治

開業して今年で53年。23坪・23席で、一日100万円を売り、初任給手取り60万円のラーメン店の店主・草村賢治さんの商売の考え方、困難への立ち向かい方、生き方とは。

23坪・23席で、商品は「中華麺」と「チャーシュー麺」のみ。
たった一軒の店ながら
店内売りで1日60万円、お土産ラーメンで1日40万円を売っているのが
東京・永福町の「大勝軒」だ。

今年で創業53年。
いまでこそ、行列が当たり前のようにできる店だが、
開業して10年間は赤字だったという。

80歳になっても毎日必ず店に立つ店主の草村賢治さんは
どのように商売に取り組み、店を成長させ、困難にどう立ち向かってきたか。

その強い生き方、働き方は、厳しい時代の今こそ、
私たちに元気を与えてくれるでしょう。
判型
四六判
ページ数
182ページ
発行日
2008/12/01
ISBN-13
9784751107973
備考
定価
本体 1500円+税