カフェを100年、続けるために – 旭屋出版

カフェを100年、続けるために著者:カフェ・バッハ 田口 護

東京・山谷で半世紀愛され続けるカフェ・バッハのオーナー田口護が、個人が店を開き、繁盛を持続するための商売の本質を伝える。

判型:A5判
ページ数:224ページ
発行日:2010/12/01
ISBN-13:9784751109069
定価:本体 1300円+税

購入する

店頭の在庫を調べたり、
ネット書店でご注文いただけます

東京・山谷で半世紀愛され続けるカフェ・バッハのオーナー田口護が、個人が店を開き、繁盛を持続するための商売の本質を伝える。

●本書の主な内容(目次より抜粋)


第1章 私はこうやってきた

 “山谷”は日本一の立地
 保証人にまでなってくれたお客様
 ヒマな時こそ、より丁寧な対応ができます
 労働者のお客様に磨かれたコーヒーの味
 お客様が淹れるコーヒーが一番おいしい
 お客様に“お節介”をやく 
 「まかない」は地域との接点 
 店を支えているのはスタッフ 
 女性が働きやすい環境をつくる 
 スタッフの人格を認めて投資する 


第2章 カフェを始める人たちへ

 カフェ経営は1本の木と同じです 
 第一に資金、第二に技術習得、第三に顧客づくり
 一等立地に店を出すのではなく、出店場所を一等立地にする 
 定収入を確保しながら、技術を身につけてください 
 店を出す前に顧客を確保しておく
 “おいしい”だけでは差別化になりません
 基本の接客サービスと、個々の接客サービス 
 お菓子を手作りするのは、新店を出すのと同じ
 公私混同ではなく“公私融合”
 車椅子で自家焙煎に挑戦している人もいます


第3章 カフェ・バッハと共に歩む仲間たち 

 特別付録
 コーヒー自家焙煎店・自家焙煎カフェ 
 小資本で始めるための開業相談Q&A

カフェを100年、続けるために

カフェ・バッハ 田口 護

東京・山谷で半世紀愛され続けるカフェ・バッハのオーナー田口護が、個人が店を開き、繁盛を持続するための商売の本質を伝える。

●本書の主な内容(目次より抜粋)


第1章 私はこうやってきた

 “山谷”は日本一の立地
 保証人にまでなってくれたお客様
 ヒマな時こそ、より丁寧な対応ができます
 労働者のお客様に磨かれたコーヒーの味
 お客様が淹れるコーヒーが一番おいしい
 お客様に“お節介”をやく 
 「まかない」は地域との接点 
 店を支えているのはスタッフ 
 女性が働きやすい環境をつくる 
 スタッフの人格を認めて投資する 


第2章 カフェを始める人たちへ

 カフェ経営は1本の木と同じです 
 第一に資金、第二に技術習得、第三に顧客づくり
 一等立地に店を出すのではなく、出店場所を一等立地にする 
 定収入を確保しながら、技術を身につけてください 
 店を出す前に顧客を確保しておく
 “おいしい”だけでは差別化になりません
 基本の接客サービスと、個々の接客サービス 
 お菓子を手作りするのは、新店を出すのと同じ
 公私混同ではなく“公私融合”
 車椅子で自家焙煎に挑戦している人もいます


第3章 カフェ・バッハと共に歩む仲間たち 

 特別付録
 コーヒー自家焙煎店・自家焙煎カフェ 
 小資本で始めるための開業相談Q&A
判型
A5判
ページ数
224ページ
発行日
2010/12/01
ISBN-13
9784751109069
備考
定価
本体 1300円+税