和食の常備菜の事典 – 旭屋出版
9784751110966

和食の常備菜の事典著者:遠藤 十士夫

ムダを出さない工夫や、限られた人手で効率よく提供することが欠かせない。それゆえ、魅力ある常備菜がつねに何種類か用意されていれば大変心強い。おいしさや見栄えを追求したプロの料理人ならではの常備菜を数多く紹介している。

判型:B5ワイド判
ページ数:232ページ
発行日:2014/07/01
ISBN-13:9784751110966
定価:本体 3000円+税

購入する

店頭の在庫を調べたり、
ネット書店でご注文いただけます

現代の割烹や和食店、居酒屋などでは、ムダを出さない工夫や、限られた人手で効率よく提供することが欠かせない。それゆえ、魅力ある常備菜がつねに何種類か用意されていれば大変心強い。本書はそうした、おいしさや見栄えを追求したプロの料理人ならではの常備菜を数多く紹介している。

副題に「そのまま出せる魅力の常備菜108種とその使いこなし方」とあるように、さまざまな素材を用いて、見た目にも味わいとしてもハイレベルな常備菜108種類をわかりやすく解説している。この一品で絶品の酒肴になるものや、あるいは料理を引き立てる個性的なあしらいになるもの、どこにもない甘味の一品など、非常に多彩な常備菜の数々は、どれもお客の評判を呼ぶメニューに仕上げることが可能である。
【常備菜の主な材料】剣先イカ・シラス・するめ・牛肉・卵・椎茸・ビーツ・アボカド・小豆・黒豆・昆布・ぜんまい・数の子・うど・筍・蕾菜・梅・新生姜・古生姜・鮑・平貝・するめいか・たこ・松茸・いちじく・胡瓜・にんにく・生いくら・塩引き鮭・にしん・エリンギ・蓮根・キウイ・香茸・トリュフ・たら白子・なまこ・ボラ・はた・帆立貝・水だこ・床ぶし・いわし・長ねぎ・大根・牛蒡・白菜・柚子ほか

和食の常備菜の事典

遠藤 十士夫

現代の割烹や和食店、居酒屋などでは、ムダを出さない工夫や、限られた人手で効率よく提供することが欠かせない。それゆえ、魅力ある常備菜がつねに何種類か用意されていれば大変心強い。本書はそうした、おいしさや見栄えを追求したプロの料理人ならではの常備菜を数多く紹介している。

副題に「そのまま出せる魅力の常備菜108種とその使いこなし方」とあるように、さまざまな素材を用いて、見た目にも味わいとしてもハイレベルな常備菜108種類をわかりやすく解説している。この一品で絶品の酒肴になるものや、あるいは料理を引き立てる個性的なあしらいになるもの、どこにもない甘味の一品など、非常に多彩な常備菜の数々は、どれもお客の評判を呼ぶメニューに仕上げることが可能である。
【常備菜の主な材料】剣先イカ・シラス・するめ・牛肉・卵・椎茸・ビーツ・アボカド・小豆・黒豆・昆布・ぜんまい・数の子・うど・筍・蕾菜・梅・新生姜・古生姜・鮑・平貝・するめいか・たこ・松茸・いちじく・胡瓜・にんにく・生いくら・塩引き鮭・にしん・エリンギ・蓮根・キウイ・香茸・トリュフ・たら白子・なまこ・ボラ・はた・帆立貝・水だこ・床ぶし・いわし・長ねぎ・大根・牛蒡・白菜・柚子ほか
判型
B5ワイド判
ページ数
232ページ
発行日
2014/07/01
ISBN-13
9784751110966
備考
定価
本体 3000円+税