新しいフランス料理における日本の食材の使い方著者:松島朋宣

今や世界の注目を集める日本の食材。全国の生産者と交流して食材を選び、日本人が培ってきた季節感を表現してきた三宮にあるフレンチ マツシマのシェフが、フランス料理と日本の食材をつなぐ、新しい料理を提案。

判型:B5判
ページ数:160ページ
発行日:2015/07/30
ISBN-13:9784751111543
定価:本体 3000円+税

購入する

店頭の在庫を調べたり、
ネット書店でご注文いただけます

今や世界の注目を集める日本の食材。 全国の生産者と交流して食材を選び、日本人が培ってきた季節感を表現してきた三宮にあるフレンチ マツシマのシェフが、フランス料理と日本の食材をつなぐ、新しい料理を提案。

第1章 フランス料理と日本の食材をつなぐマツシマの料理
・アミューズ
・オードブル
・ポタージュ
・ポワソン
・ヴィアンドゥ

第2章 新しいフランス料理の考え方で日本の食材を使う
・野菜
・果物
・魚介
・畜産品
・加工食品
・調味料など

新しいフランス料理における日本の食材の使い方

松島朋宣

今や世界の注目を集める日本の食材。全国の生産者と交流して食材を選び、日本人が培ってきた季節感を表現してきた三宮にあるフレンチ マツシマのシェフが、フランス料理と日本の食材をつなぐ、新しい料理を提案。

判型
B5判
ページ数
160ページ
発行日
2015/07/30
ISBN-13
9784751111543
備考
定価
本体 3000円+税

今や世界の注目を集める日本の食材。 全国の生産者と交流して食材を選び、日本人が培ってきた季節感を表現してきた三宮にあるフレンチ マツシマのシェフが、フランス料理と日本の食材をつなぐ、新しい料理を提案。

第1章 フランス料理と日本の食材をつなぐマツシマの料理
・アミューズ
・オードブル
・ポタージュ
・ポワソン
・ヴィアンドゥ

第2章 新しいフランス料理の考え方で日本の食材を使う
・野菜
・果物
・魚介
・畜産品
・加工食品
・調味料など