なぜ、あの飲食店にお客が集まるのか著者:林 伸次(bar bossa)

老舗バーのマスターが、東京の人気飲食店オーナーにインタビュー!
東京・渋谷で20年以上続くワインバー「bar bossa」の店主、林伸次さん。
林さんがお客として来店し、「このお店はすごい!」と感じた飲食店のオーナーの方々に、
同業者ならではの視点でインタビュー取材。

判型:四六判
ページ数:
発行日:2019/11/25
ISBN-13:9784751114001
定価:本体 1800円+税

購入する

店頭の在庫を調べたり、
ネット書店でご注文いただけます
老舗バーのマスターが、東京の人気飲食店オーナーにインタビュー!

東京・渋谷で20年以上続くワインバー「bar bossa」の店主、林伸次さん。
林さんがお客として来店し、「このお店はすごい!」と感じた飲食店のオーナーの方々に、
同業者ならではの視点でインタビュー取材。

“なぜ、あの飲食店は繁盛しているのか”
“繁盛しているあの飲食店はいったい何がすごいのか”

開業のきっかけから、飲食店ならではの経営の話まで、ここだけの話が盛りだくさん。
読めばきっと、あなたも「飲食店」をはじめたくなる!
「“お店をやる”ってやっぱり面白いんです。みんなが全員、“飲食店やるの大変だけど楽しいですよ”と言ってくれています。
この本を読み終えた時、あなたが「よし、自分も飲食店やろう!」と思ってくれることを祈ります。」
―――本文より

<目次>
ワインの成功店
コーヒー・カフェの成功店
立ち飲みの成功店
酒場の成功店
和食の成功店
多国籍料理の成功店

登場する飲食店のジャンルは様々!
カフェ・バー・カレー店・蕎麦店・寿司店…など、多ジャンル20店が登場!

◇登場店舗一例
西荻窪「organ」 紺野真
渋谷「COFFEEHOUSE NISHIYA」 西谷恭兵
三軒茶屋「ニューマルコ」 河内亮
麻布十番「鮓職人 秦野よしき」 秦野芳樹……ほか

著者について

林 伸次
1969年生まれ。徳島県出身。渋谷の老舗ワインバー「bar bossa (バールボッサ)
の店主。レコード店やブラジル料理店、ショット・バーで働いた後、1997 年にbar bossaをオープン。
バーの経営の他、有料メルマガ『cakes』を中心にウェブ上で多数連載を持つなど著述業でも活躍。
「ワイングラスのむこう側」(KADOKAWA)、「恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。」(幻冬舎)など著書多数。

※本書はカフェの専門誌「CAFERES(カフェレス)」にて連載していた
「バーのマスターはなぜこの店に惹かれるのか 親愛なる東京飲食店」を加筆・訂正、再編集したものです

なぜ、あの飲食店にお客が集まるのか

林 伸次(bar bossa)

老舗バーのマスターが、東京の人気飲食店オーナーにインタビュー!
東京・渋谷で20年以上続くワインバー「bar bossa」の店主、林伸次さん。
林さんがお客として来店し、「このお店はすごい!」と感じた飲食店のオーナーの方々に、
同業者ならではの視点でインタビュー取材。

判型
四六判
ページ数
発行日
2019/11/25
ISBN-13
9784751114001
備考
定価
本体 1800円+税
老舗バーのマスターが、東京の人気飲食店オーナーにインタビュー!

東京・渋谷で20年以上続くワインバー「bar bossa」の店主、林伸次さん。
林さんがお客として来店し、「このお店はすごい!」と感じた飲食店のオーナーの方々に、
同業者ならではの視点でインタビュー取材。

“なぜ、あの飲食店は繁盛しているのか”
“繁盛しているあの飲食店はいったい何がすごいのか”

開業のきっかけから、飲食店ならではの経営の話まで、ここだけの話が盛りだくさん。
読めばきっと、あなたも「飲食店」をはじめたくなる!
「“お店をやる”ってやっぱり面白いんです。みんなが全員、“飲食店やるの大変だけど楽しいですよ”と言ってくれています。
この本を読み終えた時、あなたが「よし、自分も飲食店やろう!」と思ってくれることを祈ります。」
―――本文より

<目次>
ワインの成功店
コーヒー・カフェの成功店
立ち飲みの成功店
酒場の成功店
和食の成功店
多国籍料理の成功店

登場する飲食店のジャンルは様々!
カフェ・バー・カレー店・蕎麦店・寿司店…など、多ジャンル20店が登場!

◇登場店舗一例
西荻窪「organ」 紺野真
渋谷「COFFEEHOUSE NISHIYA」 西谷恭兵
三軒茶屋「ニューマルコ」 河内亮
麻布十番「鮓職人 秦野よしき」 秦野芳樹……ほか

著者について

林 伸次
1969年生まれ。徳島県出身。渋谷の老舗ワインバー「bar bossa (バールボッサ)
の店主。レコード店やブラジル料理店、ショット・バーで働いた後、1997 年にbar bossaをオープン。
バーの経営の他、有料メルマガ『cakes』を中心にウェブ上で多数連載を持つなど著述業でも活躍。
「ワイングラスのむこう側」(KADOKAWA)、「恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。」(幻冬舎)など著書多数。

※本書はカフェの専門誌「CAFERES(カフェレス)」にて連載していた
「バーのマスターはなぜこの店に惹かれるのか 親愛なる東京飲食店」を加筆・訂正、再編集したものです