飲食店の店長の基礎力をつける本 練習問題付 – 旭屋出版
9784751112175

飲食店の店長の基礎力をつける本
練習問題付

著者:柏野満

この本を購入する

判型
ページ数
199ページ
発行日
2016/08/17
ISBN-13
9784751112175
備考
定価
本体 1900円+税

☆mission:店長の基礎力向上☆
店長を目指す方、基礎力不足に悩む店長のために、「店長レベル到達」をこの一冊で実現させます。
店舗経営のスタンダードな入門書として、幅広い階層の方々にご活用頂ける仕様となっています。

-これから店長になる人、もっとよく基本知識を身につけたい人へ

 私たちを取り巻くわが国の社会環境、経済環境、労働環境はまさに激変しています。近未来に向け、この激変はさらに継続・拡大していくことでしょう。そして時流は緩やかにしかし確実に、市場縮小、労働力不足、業態間競合に拍車をかけていくことでしょう。
 私たちは、現在そして未来に向け、この環境に向かい、【変化】を要求されています。変わることは、怖い・面倒・不安・コスト高・リスク…等々を伴います。しかし環境が変化しているのならば、順応できない、変われないこと自体がすでに「退化」です。
 ただし全てを否定するのではなく【不易流行(ふえきりゅうこう)=変えてはいけないモノコ卜・変えていくべきモノコト】の精神が非常に重要です。私たちは自分たちの強い意志として、変えるべきノモコトには積極的に挑戦し、変えてはならないモノコトは頑なに守り続け、正しく【変化】し、大きく【成長】しなくてはなりません。  本書は拙著「新版・飲食店の店長の実務がわかる本」の読者諸兄から、これから店長を目指す人のために、また店長にはなったけれど基礎的な知識・情報が不足していると感じている人のために、新しいテキスト本を出版できないかとの要望を数多くいただき、「店長の基礎力」向上を目的として練習問題を付加して作成させていただきました。私の、飲食業界でお世話になった40年間、成長させて頂いたコンサルタントとしての30年間、そして実際の飲食店の20年間の経営の経験を基礎に、支店経営展開理論でもチェーン店展開理論でもなく、「1店舗ごとの繁盛店の多店化」を目指す店長の基礎力の向上をミッションとしてまとめ上げています。  私はコンサルテイングの基本として「言葉を大切にする」ことが非常に重要であると考えています。人に何かを伝えるためには「理解力」と「説明能力」が決め手です。したがいまして本書も(私の独断的解釈も数多いことをお許し頂くとして)解りやすい言葉の解釈と伝えやすい説明のために多くのページを費やしています。

●経営理念の意味と意義
●繁盛の継続と拡大
●人と一緒に仕事をする
●地域一番店
●3M+1M
●幸福のために働く
●成長の定義
●本当に無理か?不可能か?
●できない理由を探すより、できる方法を考えよう

等々、数多くのキーワードが登場します。
 これからのお客様は「お金を使いたくない」のではなく、「賢く価値あるお金の使い方」がしたいのだと思います。全てではありませんが、大きな消費傾向として「安価納得消費j から「価値納得消費」に変化していると感じます。
 「飲食業は店長産業」の言葉通り、これらに対応していくことにカギを握るのが「店長レベル」です。本書は、日々積極的にともに働く仲間と良好な人間関係を創り上げながらお客様の支持増強と人財育成に傾注努力されている「実力店長への成長に寄与する」ことが最大のテーマです。そのように店長職の素晴らしさを理解し実践できる「実力店長になるための基礎力をつけて頂く」ことに少しでも寄与できればこの上ない喜びです。

第1章 店長になるための基礎知識

大きく変わりゆく経営環境
理想的な店長の条件
地域一番店の意味と意義
繁盛の継続と拡大のための条件
飲食業は「人産業」「店長産業」
第1章練習問題

第2章 店長の仕事とは

店長のポジショニング[立ち位置]
継続は「大きな力」
理念【イズム】の伝道
モティベーション(動機づけ)
店舗運営レベル=QSC+Aの向上
店長の重要な実務
店長に必要な3M+1M
第2章練習問題

第3章 人材育成の考え方と方法

人材育成における大事な考え方
教育・訓練・しつけとは
募集⇒面接⇒採用⇒初期教育⇒継続教育
初期教育
継続教育
認める・評価する
人間力とは
店長教育
第3章練習問題

第4章 計数管理と基礎知識

「計数管理」はなぜ必要か
管理とは一「管理する」とは何をすることか
売上高の構成
デイリー4表を活用する
損益計算書の重要ポイント
稼げる店長になる
第4章練習問題

第5章 店舗管理への応用の仕方

経営効率表を活用する
移動累計で自店の状況を正確に知る
人件費管理のやり方
労働生産性向上のための「人時売上高」管理法
四半期管理と週間管理
第5章練習問題

■本書をご利用になる前に

本書は、飲食店の店長になる前の従業員の方々、あるいは店長職に従事して日が浅いなどの事情により基本的な知識を身につけたいという従業員の方々を対象に編集したもので、弊社の既刊書籍「新版・飲食店の店長の実務がわかる本」(柏野満著)の入門的な内容構成になっております。そのため一部「新版・飲食店の店長の実務がわかる本」と重複している部分があります。なお目安となる経営的な数値は適宜改訂されています。店長としてのキャリア等に応じ、本書と併せてご活用ください。

飲食店の店長の基礎力をつける本
練習問題付

柏野満

☆mission:店長の基礎力向上☆
店長を目指す方、基礎力不足に悩む店長のために、「店長レベル到達」をこの一冊で実現させます。
店舗経営のスタンダードな入門書として、幅広い階層の方々にご活用頂ける仕様となっています。

-これから店長になる人、もっとよく基本知識を身につけたい人へ

 私たちを取り巻くわが国の社会環境、経済環境、労働環境はまさに激変しています。近未来に向け、この激変はさらに継続・拡大していくことでしょう。そして時流は緩やかにしかし確実に、市場縮小、労働力不足、業態間競合に拍車をかけていくことでしょう。
 私たちは、現在そして未来に向け、この環境に向かい、【変化】を要求されています。変わることは、怖い・面倒・不安・コスト高・リスク…等々を伴います。しかし環境が変化しているのならば、順応できない、変われないこと自体がすでに「退化」です。
 ただし全てを否定するのではなく【不易流行(ふえきりゅうこう)=変えてはいけないモノコ卜・変えていくべきモノコト】の精神が非常に重要です。私たちは自分たちの強い意志として、変えるべきノモコトには積極的に挑戦し、変えてはならないモノコトは頑なに守り続け、正しく【変化】し、大きく【成長】しなくてはなりません。  本書は拙著「新版・飲食店の店長の実務がわかる本」の読者諸兄から、これから店長を目指す人のために、また店長にはなったけれど基礎的な知識・情報が不足していると感じている人のために、新しいテキスト本を出版できないかとの要望を数多くいただき、「店長の基礎力」向上を目的として練習問題を付加して作成させていただきました。私の、飲食業界でお世話になった40年間、成長させて頂いたコンサルタントとしての30年間、そして実際の飲食店の20年間の経営の経験を基礎に、支店経営展開理論でもチェーン店展開理論でもなく、「1店舗ごとの繁盛店の多店化」を目指す店長の基礎力の向上をミッションとしてまとめ上げています。  私はコンサルテイングの基本として「言葉を大切にする」ことが非常に重要であると考えています。人に何かを伝えるためには「理解力」と「説明能力」が決め手です。したがいまして本書も(私の独断的解釈も数多いことをお許し頂くとして)解りやすい言葉の解釈と伝えやすい説明のために多くのページを費やしています。

●経営理念の意味と意義
●繁盛の継続と拡大
●人と一緒に仕事をする
●地域一番店
●3M+1M
●幸福のために働く
●成長の定義
●本当に無理か?不可能か?
●できない理由を探すより、できる方法を考えよう

等々、数多くのキーワードが登場します。
 これからのお客様は「お金を使いたくない」のではなく、「賢く価値あるお金の使い方」がしたいのだと思います。全てではありませんが、大きな消費傾向として「安価納得消費j から「価値納得消費」に変化していると感じます。
 「飲食業は店長産業」の言葉通り、これらに対応していくことにカギを握るのが「店長レベル」です。本書は、日々積極的にともに働く仲間と良好な人間関係を創り上げながらお客様の支持増強と人財育成に傾注努力されている「実力店長への成長に寄与する」ことが最大のテーマです。そのように店長職の素晴らしさを理解し実践できる「実力店長になるための基礎力をつけて頂く」ことに少しでも寄与できればこの上ない喜びです。

第1章 店長になるための基礎知識

大きく変わりゆく経営環境
理想的な店長の条件
地域一番店の意味と意義
繁盛の継続と拡大のための条件
飲食業は「人産業」「店長産業」
第1章練習問題

第2章 店長の仕事とは

店長のポジショニング[立ち位置]
継続は「大きな力」
理念【イズム】の伝道
モティベーション(動機づけ)
店舗運営レベル=QSC+Aの向上
店長の重要な実務
店長に必要な3M+1M
第2章練習問題

第3章 人材育成の考え方と方法

人材育成における大事な考え方
教育・訓練・しつけとは
募集⇒面接⇒採用⇒初期教育⇒継続教育
初期教育
継続教育
認める・評価する
人間力とは
店長教育
第3章練習問題

第4章 計数管理と基礎知識

「計数管理」はなぜ必要か
管理とは一「管理する」とは何をすることか
売上高の構成
デイリー4表を活用する
損益計算書の重要ポイント
稼げる店長になる
第4章練習問題

第5章 店舗管理への応用の仕方

経営効率表を活用する
移動累計で自店の状況を正確に知る
人件費管理のやり方
労働生産性向上のための「人時売上高」管理法
四半期管理と週間管理
第5章練習問題

■本書をご利用になる前に

本書は、飲食店の店長になる前の従業員の方々、あるいは店長職に従事して日が浅いなどの事情により基本的な知識を身につけたいという従業員の方々を対象に編集したもので、弊社の既刊書籍「新版・飲食店の店長の実務がわかる本」(柏野満著)の入門的な内容構成になっております。そのため一部「新版・飲食店の店長の実務がわかる本」と重複している部分があります。なお目安となる経営的な数値は適宜改訂されています。店長としてのキャリア等に応じ、本書と併せてご活用ください。

判型
ページ数
199ページ
発行日
2016/08/17
ISBN-13
9784751112175
備考
定価
本体 1900円+税