飲食店の《年間集客》
実践BOOK著者:森久保成正

売上アップのヒントが満載!
・早めの“着手”が成功のカギ!
・1人でも多く呼び込み、1品でも多く売るために!

判型:四六判
ページ数:287
発行日:2021/1/8
ISBN-13:9784751114315
定価:本体 1800円+税

購入する

店頭の在庫を調べたり、
ネット書店でご注文いただけます

売上アップのヒントが満載!

・早めの“着手”が成功のカギ!
・1人でも多く呼び込み、1品でも多く売るために!


年間集客PLAN①
前年10月から着手する―――
『1月後半(年始明け)からの攻めの集客作戦』

・1月後半からの1年で勝つための「メニュー総点検」をする
・1月後半以降の落ち込みを視野に入れて「味の改革」を
・明けの落ち込み期に向け年末の販促イベントで備える
・春からの商売に差がつく年明け後の「粘りの販促」
・落ち込み期は普段手が回らない
・部分に注力して、売上挽回の力に
・1月の繁忙期が過ぎたら仕入れの見直しを行なう


年間集客PLAN②
前年10月から着手する―――
『3月・4月の稼ぎ時の攻めの集客作戦』

・春の新規客獲得に向けインパクトのあるメニュー開発を
・異動シーズンに向けてランチ戦略で新規開拓
・春のテイクアウト需要をつかむ実戦商法
・「春の歓送迎会」を狙う時代をとらえた新戦略
・春の新規客をつかむ「狙いを絞った販促」を
・春の新しいお客を店に呼び込む「チラシ告知戦略」
・新規のお客開拓が必須な時期悪立地店の対策は――
・女性のお客を定着させ再来店させる「気遣い」
・春の「ビギナー」のお客を常連にするプロの気遣い
・春のアルバイトの新規採用注意すべき点は
・サービスの「セルフ」化が進む中で接客のあり方も変わる


年間集客PLAN③
2月から着手する―――
『5月(ゴールデンウィーク&その後)の攻めの集客作戦』

・適正な「ゴールデンウィーク戦略」とはお客を宣伝マンにすること
・ゴールデンウィークの先を読み落ち込み期克服の的確な売り方を
・収益にも直結 新しい時代の「メニュー表」戦略
・ゴールデンウィークに増える子供連れの三世代のお客獲得術


年間集客PLAN④
3月から着手する―――
『6月・7月(梅雨・ボーナス期等)の攻めの集客作戦』

・夏の繁忙期に向け早めにこの商品に注力を
・ボーナス時期以後の天候不良を乗り切る知恵8
・夏フードの工夫が暑い時期の商売に差をつける
・暑い夏場の時期こそ積極的な集客策が必要に
・「もう1度来店したい」を強化する接客応対の切り札


年間集客PLAN⑤
5月から着手する―――
『8月の夏休み・お盆・猛暑時期の攻めの集客作戦』

・お盆前後の「集まり」「会食」ニーズを年の後半の飛躍につなげる
・夏本番、「祭り」演出で力強い集客を


年間集客PLAN⑥
5月から着手する―――
『8月後半・9月の落ち込み期の攻めの集客作戦』

・夏場のお客を次の来店につなげ秋の常連客としてつかむ
・夏場の売れ行きの検証を経て秋のメニュー戦略を考える
・商売の難しい季節を積極仕掛けで乗り切る
・年末の繁忙期に向けてお客を呼べるプチ改装をする
・秋からの戦力充実のため従業員に計画的な休息を


年間集客PLAN⑦
6月から着手する―――
『秋の行楽シーズン(9月半ばから11月)の攻めの集客作戦』

・秋からの固定ファン獲得に向けたメニュー戦略
・秋の行楽需要にも対応したテイクアウト強化を
・秋口はお客の動きが変わる営業時間・曜日の設定は


年間集客PLAN⑧
8月から着手する―――
『11月から年末年始の攻めの集客作戦』

・年末に向けて収益力を高めるメニュー戦略
・年末年始のニーズを確実にとらえるメニュー開発
・年末年始の繁忙期に向けファン獲得の上手な売り方を
・早めに始める宴会獲得メニュー作戦
・年末年始に勝つために秋からの新規客獲得作戦
・繁忙期にもっと稼げる店頭・店内POP戦略
・繁忙期に必要なトラブル回避の接客術
・対策は万全か お客の忘れ物や貴重品の盗難

飲食店の《年間集客》
実践BOOK

森久保成正

売上アップのヒントが満載!
・早めの“着手”が成功のカギ!
・1人でも多く呼び込み、1品でも多く売るために!

判型
四六判
ページ数
287
発行日
2021/1/8
ISBN-13
9784751114315
備考
定価
本体 1800円+税

売上アップのヒントが満載!

・早めの“着手”が成功のカギ!
・1人でも多く呼び込み、1品でも多く売るために!


年間集客PLAN①
前年10月から着手する―――
『1月後半(年始明け)からの攻めの集客作戦』

・1月後半からの1年で勝つための「メニュー総点検」をする
・1月後半以降の落ち込みを視野に入れて「味の改革」を
・明けの落ち込み期に向け年末の販促イベントで備える
・春からの商売に差がつく年明け後の「粘りの販促」
・落ち込み期は普段手が回らない
・部分に注力して、売上挽回の力に
・1月の繁忙期が過ぎたら仕入れの見直しを行なう


年間集客PLAN②
前年10月から着手する―――
『3月・4月の稼ぎ時の攻めの集客作戦』

・春の新規客獲得に向けインパクトのあるメニュー開発を
・異動シーズンに向けてランチ戦略で新規開拓
・春のテイクアウト需要をつかむ実戦商法
・「春の歓送迎会」を狙う時代をとらえた新戦略
・春の新規客をつかむ「狙いを絞った販促」を
・春の新しいお客を店に呼び込む「チラシ告知戦略」
・新規のお客開拓が必須な時期悪立地店の対策は――
・女性のお客を定着させ再来店させる「気遣い」
・春の「ビギナー」のお客を常連にするプロの気遣い
・春のアルバイトの新規採用注意すべき点は
・サービスの「セルフ」化が進む中で接客のあり方も変わる


年間集客PLAN③
2月から着手する―――
『5月(ゴールデンウィーク&その後)の攻めの集客作戦』

・適正な「ゴールデンウィーク戦略」とはお客を宣伝マンにすること
・ゴールデンウィークの先を読み落ち込み期克服の的確な売り方を
・収益にも直結 新しい時代の「メニュー表」戦略
・ゴールデンウィークに増える子供連れの三世代のお客獲得術


年間集客PLAN④
3月から着手する―――
『6月・7月(梅雨・ボーナス期等)の攻めの集客作戦』

・夏の繁忙期に向け早めにこの商品に注力を
・ボーナス時期以後の天候不良を乗り切る知恵8
・夏フードの工夫が暑い時期の商売に差をつける
・暑い夏場の時期こそ積極的な集客策が必要に
・「もう1度来店したい」を強化する接客応対の切り札


年間集客PLAN⑤
5月から着手する―――
『8月の夏休み・お盆・猛暑時期の攻めの集客作戦』

・お盆前後の「集まり」「会食」ニーズを年の後半の飛躍につなげる
・夏本番、「祭り」演出で力強い集客を


年間集客PLAN⑥
5月から着手する―――
『8月後半・9月の落ち込み期の攻めの集客作戦』

・夏場のお客を次の来店につなげ秋の常連客としてつかむ
・夏場の売れ行きの検証を経て秋のメニュー戦略を考える
・商売の難しい季節を積極仕掛けで乗り切る
・年末の繁忙期に向けてお客を呼べるプチ改装をする
・秋からの戦力充実のため従業員に計画的な休息を


年間集客PLAN⑦
6月から着手する―――
『秋の行楽シーズン(9月半ばから11月)の攻めの集客作戦』

・秋からの固定ファン獲得に向けたメニュー戦略
・秋の行楽需要にも対応したテイクアウト強化を
・秋口はお客の動きが変わる営業時間・曜日の設定は


年間集客PLAN⑧
8月から着手する―――
『11月から年末年始の攻めの集客作戦』

・年末に向けて収益力を高めるメニュー戦略
・年末年始のニーズを確実にとらえるメニュー開発
・年末年始の繁忙期に向けファン獲得の上手な売り方を
・早めに始める宴会獲得メニュー作戦
・年末年始に勝つために秋からの新規客獲得作戦
・繁忙期にもっと稼げる店頭・店内POP戦略
・繁忙期に必要なトラブル回避の接客術
・対策は万全か お客の忘れ物や貴重品の盗難